みかんの簡単料理レシピ:我が家の簡単料理レシピ&時々ダイエットアドヴァイス!
Ads by Google

みかんの簡単料理レシピ

冷凍みかんをおいしく作る方法

冷凍みかんをおいしく作る方法を、業者の人にこっそり教えてもらいました。
ラッキー
!! だし、とっても簡単でした。

寒い季節は暖房の効いた部屋で、クソ暑いときはそのままシャリシャリ、冷凍みかんっておいしいですよね。


ハート 《 冷凍みかんをおいしく作る方法 》
みかんの酸化や乾燥を防ぐために 「 氷の膜 」 を作ることがミソなんだそうです。
氷の膜をつくって冷凍みかんを作るやり方は40年前から変わらない方法なんだとか・・・

( 氷の膜の作り方 )
● みかんをそのまま冷凍庫で凍らせます。
● 凍ったらすぐ冷たい水にくぐらせ、冷凍庫で再び凍らせて、表面に付いた水が凍れば、冷凍みかんに更に氷の膜ができてできあがりです。


チャック袋などの密閉容器などに入れておけば、けっこう長持ちします。

シャリシャリ冷凍みかんの出来上がり
冷凍みかんをおいしく作る方法画像

みかんを甘くする方法


みかんを甘くする方法-ためしてガッテン&ダイエットワンポイントアドヴァイス

みかんを甘くする方法を、NHKの 「 ためしてガッテン 」 で放送しましたね。
みかん大好きっ子のわたくしメ、例によってさっそくトライ
 p(^-^)q
見事! 甘く変身しました。
感激です
 (〃∇〃)☆

《 みかんを甘くする方法 》
みかんの味は、糖度だけでなく酸度も大切な要素なんだそうですね。
甘さを高めるには、糖度を高くするだけではなく酸味とのバランスを変えるとより甘さを感じやすくなります。


酸度を減少させる方法は
保存して時間を経過させることと、50回もんでから1日おいてから食べることなんです。
そうすることで、甘みを感じやすくなるんです。

もむ場合は傷みやすくなるので、必ず1日後には食べましょう。
でも酸度を下げ過ぎると、おいしくなくなっちゃうので要注意です。

ちなみにみかんの酸味が好きならば、なるべく早く食べましょう。

また、みかんを箱ごと買ったときは、箱を逆さにして底を開けて、底のほうにあるみかんから食べると、みかんの痛み具合が軽減されます。


甘アマみかんにへんし〜ん 
みかんを甘くする方法画像


みかんを甘くする方法、ぜひやってみてください。

冷凍みかんをおいしく作る方法

揺れるハート 「 ダイエットワンポイントアドヴァイス 」
みかんは色々な栄養があるのですが、薬のように即効性はないので、毎日少しずつ食べるといいんだそうです。

みかんに含まれる色々なビタミンは美容にいいし、クエン酸は疲労回復の手助けをしてくれます。
また、クエン酸はカルシウムの吸収の手助けもしてくれるので、ストレスがたまりにくくなって、やけ食い
^^; 防止に役立ちそうですね。
Ads by Google