豆腐の簡単レシピ:我が家の簡単料理レシピ&時々ダイエットアドヴァイス!
Ads by Google

豆腐の簡単レシピ

豆腐と空豆のイタリアン風サラダの簡単料理レシピ&ダイエットワンポイントアドヴァイス

豆腐と空豆のサラダが朝日新聞に載っていたので作ってみました。
オリーブオイルを使ったイタリア風です。
続きを読む


お豆腐のチヂミの簡単料理レシピ&ダイエットワンポイントアドヴァイス

チヂミをお豆腐でヘルシーに作るというのを、料理友に教わりました。
混ぜて焼くだけなんで、とっても簡単でした
d=(^o^)=b

ニラは、疲労回復の働きをするビタミンB1を多く含んでいて、そのビタミンB1を体内に長くとどめて効力を持続させる硫化アリルが入っているので、スタミナ不足の方にはうれしい野菜のひとつです。

又、βカロテン、ビタミンC、ビタミンEの三大抗酸化ビタミンを豊富に含んでいて、特に、βカロテンの含有量が多く、他に、カルシウムや鉄、リンといったミネラル分も豊富に含んでいるので、生活習慣病予防に大いに役立ってくれる、すぐれものの緑黄色野菜です。


ハート 材料:4人前
● 薄力粉 200g
● ニラ 一束 ( 細かく切っておきます )
● 豆腐 2丁 ( 水気をよく切っておきます )
● 醤油 大さじ1
● ごま油 小さじ2
● 卵 3個
● 粉末だしのもと 大さじ2


ハート 豆腐のチヂミのつくり方
● ボールに全ての材料を入れて、よく混ぜる。
● フライパンに油 ( 分量外 ) を少し引いて、チヂミの具を入れ、へらなどで押さえて薄く延ばし、こんがり焼いたら出来上がりです
\(^◇^)/
● 好みでお醤油やポン酢をかけていただいてください。


揺れるハート 「ダイエットワンポイントアドヴァイス」
「 野菜はなんでもいくら食べても太らない 」 わけではないようです。

糖質の多い野菜は要注意です。
基本的な見分け方法は野菜の色で、濃い色の野菜は糖質が多いものが多いですが、かぼちゃは色が濃くても糖質が多いので注意が必要です。
それともやしはOKです。

ネットで調査したところ
● 食べたいだけ食べてOKの野菜は ( 100g当りに含まれる糖質 )
・ ブロッコリー ( 0.8g )
・ 大根 ( 2.8g )
・ キャベツ ( 3.4g )
・ ピーマン ( 2.8g )
・ もやし ( 1.3g )

● どか食いしなければOK ( 100g当りに含まれる糖質 )
・ にんじん ( 6.5g )
・ トマト ( 3.7g )
・ 玉ねぎ ( 7.2g )
・ 蓮根 ( 13.5g )
・ ごぼう ( 9.7g )
ということでした。

ダイエットの参考にしてください。
(o^-')b

お豆腐のみたらし団子の簡単料理レシピ&ダイエットワンポイントアドヴァイス

「 お豆腐のみたらし団子 」 なるものを、料理友に伝授してもらいました。
ヘルシーだし、簡単です
ο(‘ v‘ )ο続きを読む

麻婆豆腐、キムチと納豆入りの簡単料理レシピ&ダイエットワンポイントアドヴァイス

「 麻婆豆腐に納豆とキムチを入れるとおいしいよ」 って、料理友達が教えてくれました。
このコラボ、意外と合っておいしいんです。
納豆のとろみを使うので、片栗粉は使いません。


ハート 材料;3人分
● 白菜のキムチ 100g( 食べやすい大きさに切っておきます )
● 納豆 40gのを2パック
● 木綿豆腐 1丁( 切るより崩した方が味が浸み込みやすいので、適当な大きさに崩しておきます )
● 煮干 6匹
● 水 1カップ
● 酒 90cc
● ごま油 大さじ1/2
● ニラ 2本 ( 細かく切ります )
● ネギ 1/2本 ( 細かく切ります )

《 味付けの材料 》
● みそ 大さじ1と1/2
● コチジャン 小さじ2
● ショウガとニンニク 各1かけ ( おろしておきます )


ハート 麻婆豆腐、キムチと納豆入り の作り方
● フライパンなどにごま油をいれて火にかけ、キムチをつゆごと入れてさっと炒め、煮干、水、酒を入れて沸騰させます。
● それに味付けの材料全部と納豆を入れて、3分ほど煮詰めます。
● とろっとしてきたら豆腐を入れて、ニラとネギを入れて混ぜたら出来上がりです。

火からおろしてから、ごま油を小さじ1杯くらい入れて混ぜると、更においしくなります。

揺れるハート 「ダイエットワンポイントアドヴァイス」
豆腐はローカロリーでダイエットに最適ですが、大豆のしぼりかすで、ほとんど捨てられてしまう 「 おから 」 が、ダイエッターには強い味方になるようです。
しぼりかすといっても、大豆の栄養がかなり残っているおからで、最も注目すべき成分は 「 食物繊維 」 です。
おから100gに含まれる食物繊維は、ゴボウの約2倍にあたる11.5gもあるんです。
さらに腸内の善玉菌のエサとなるオリゴ糖も含まれていて、食物繊維との強力タッグで、腸内環境を整えてデトックスを促進してくれます。

それになんといっても 「 安い!
("▽"*) ♪
おからは、ダイエッターと主婦の強い味方です。

豆腐丼(青空レストラン)の簡単料理レシピ&ダイエットワンポイントアドヴァイス

豆腐丼を青空レストランでしていましたが、とってもおいしそうでした。
冷やご飯でいいそうなので、暑い夏に重宝しそうです。
で、さっそく、トライ!!
p(^-^)q

ハート 材料;4人分
● ご飯 4杯
● 寄せ豆腐 400g
● 刻み海苔 適量
● アジたたき 200g(食べやすい大きさに切る)
● 大葉 4枚(切らずにそのままで)
● ウズラ卵 (卵黄のみ) 4個
● 万能ねぎ 適量 (刻んでおく)
● 胡麻 4g
● 生姜( 千切り ) 8g
● 醤油とわさび 好みの量


ハート つくり方
● ご飯を器に盛っておきます。
● その上に、刻みのり、大葉、寄せ豆腐、アジのたたき、ウズラの卵の黄身、しょうが、ねぎをのせ、ゴマを振りかけて、更にわさびをトッピングしたらもう出来上がりです。
┐(´ー`)┌
番組では、おいしそうな寄せ豆腐を使っていましたし、わさびもチューブに入ったのではなくて本物を使っていました。
寄せ豆腐の種類や、わさびで味が違うんでしょうね。

乗っける順番が違ってますが、寄せ豆腐丼です。
おいしかったです、ごちそう様でした
m(_ _)m
豆腐丼(青空レストラン)の簡単料理レシピ画像

揺れるハート 「ダイエットワンポイントアドヴァイス」
前にも書きましたが、ご飯は冷えるとレジスタントスターチという難消化性でんぷんに変わります。
レジスタントスターチは消化されにくいでんぷんで、食物繊維と同じような作用があるため、ダイエットにも効果的なのだそうです。

豆腐ハンバーグの簡単料理レシピ&ダイエットワンポイントアドヴァイス

豆腐ハンバーグの簡単レシピは、お肉を使わないヘルシーメニューです。

ハート 材料:4人分
● 木綿豆腐 2パック(水気をしっかり切るのが大事なポイントです)
● 人参 中1/2 (みじん切り)
● 玉葱 1個 (みじん切り)
● しめじ 1/2パック (みじん切り)
● 片栗粉 大さじ4
● 卵 2個
● パン粉 50g
● 塩、こしょう 適宜
● 酒 小さじ1

《タレの材料》
● 味噌 大さじ7〜8杯
● 水 100ml
● ソース 大さじ1
● ケチャップ 大さじ2
● 糀(こうじ)ジャム 大さじ3
糀ジャムは、「マルコメ」から販売されていますが、手に入らなければ砂糖でOK
でも、糀ジャムの方が砂糖を使っていないのでヘルシーですし、おいしいです。


ハート 作り方
● 野菜類と水気をしっかり切った豆腐・パン粉・卵・酒・片栗粉・塩胡椒を混ぜてよく練ります。
● 油をひいたフライパンで焼くのですが、蓋をし強めの弱火で片面3分、ひっくり返して5分焼きます。

少し、焦げ目が出来たくらいがおいしいです。
● 焼いた豆腐を取り出し、そのフライパンにタレの材料を入れて、どろっとなるまで煮詰めます。
● お皿などに豆腐ハンバーグを乗せて、タレをかけていただいてください。

向こう側のは、のりで巻いてみたのです
豆腐ハンバーグの簡単料理レシピ画像.jpg

揺れるハート 「ダイエットワンポイントアドヴァイス」
 大豆は、ビタミンEや鉄・カルシウムのほか、大豆イソフラボンや大豆サポニンなど多くの健康効果を持つ栄養素を含んでいるすぐれものです。
ダイエット中でも蛋白質をきっちりとらないと、美しく痩せません。
油分が少ない大豆製品は、とってもヘルシーでダイエッターの強い味方です。
大豆製品をおいしく食べて、痩せましょう。
((o(^∇^)o))♪

麻婆トマト豆腐の簡単料理レシピ&ダイエットワンポイントアドヴァイス

「麻婆トマト豆腐の簡単レシピ」は、肉類はちょっと遠慮したい、そんな胃の状態のときに重宝するかも・・
木綿豆腐でひき肉の食感が再現できて、トマトの酸味とショウガのさわやかさがマッチしておいしくできます。 
(☆_☆)

ハート 材料:4人分
● 干ししいたけ 1枚 ( 水110ccに浸して、一晩置いておいてからみじん切りにする )

干ししいたけは、24時間かけて冷蔵庫で戻すと最大限にうま味が引き出せます。
● 木綿豆腐 200g
● トマト 中2個 ( 一口大の乱切りにする )
● サラダ油 大さじ1
● 無塩トマトジュース 200cc
● 酒 大さじ2
● みりん 大さじ1
● 砂糖 小さじ1
● しょうゆ 大さじ1と1/3
● おろしショウガ 小さじ1
● 塩 少々
● 片栗粉 小さじ2

ハート 作り方
● 木綿豆腐にタオルか布巾を巻いて、300g以上の重しを乗っけて、2時間以上おく。
● 2時間以上たったら水気を切り、手で握るように細かくつぶす。
● 鍋に油を熱して、干ししいたけを中火で炒め、油が回ったら干ししいたけのもどし汁、トマトジュース、酒、みりん、砂糖、しょうゆ小さじ1を加えて弱火で煮て火を止め、おろしショウガを加える。
● フライパンを空で熱して、細かくなっている豆腐を入れ、しょうゆ大さじ1と塩少々を振り、5〜7分程度水分を飛ばすようにほぐしながら空炒りして、豆腐を粒状に固める。
● 干ししいたけ等が入っている鍋を中火にかけ、豆腐を加え、水溶き片栗粉を少しづつ加えてとろみをつけたら出来上がりです。

辛いのが好きなかたは、片栗粉を入れる前に、一味唐辛子を少々加えてもおいしいです。
四角い豆腐も飾りに入れてみました。
麻婆トマト豆腐画像.jpg

「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるほど、トマトは栄養たっぷりです。
VA、VC、カルシウム、鉄などが多く、抗酸化作用があります。
高蛋白質、低カロリーのお豆腐はダイエットにも最適ですね。

揺れるハート 「ダイエットワンポイントアドヴァイス」
アンチエイジングの“切り札”として、全身の老化にブレーキをかける遺伝子「サーチュイン」に注目が集まっていますね。
この遺伝子には、単に老化を遅らせるだけではなく、脂質の代謝を促して肥満を防止する働きがあるため、ダイエットにもつながるんだそうです。
サーチュイン遺伝子の研究をしている、金沢医科大学教授の古家大祐先生によれば
『“腹七分目”の食事をすることで、この遺伝子をうまく働かせることができます。
まずは、ご飯、パンなどの糖質を減らし、野菜を増やすことから始めると無理がありません。
カリウムの豊富な生野菜、食物繊維の豊富な根菜類などは、ローカロリーなのでカロリー制限になるうえ、高血圧の予防にもおすすめです。
食事の回数も、1日2食でも3食でも、自分に合うほうを選べばいいです。
ただし、間食はNG。
空腹の時間をできるだけ長く持つように心がけてください。
また、食べる時間は重要です。
夕食はできるだけ早くとってください。
遅くとも夜8時までにはとって、翌朝の食事まで、絶食時間を長くとることです。
その間にサーチュインが活性化します。』
とのことです。

豆腐と厚揚げと大根の四川風スープの簡単料理レシピ&ダイエットワンポイントアドヴァイス

この 「豆腐と厚揚げと大根の四川風スープの簡単料理レシピ」 は、ご近所の中国のかたに伝授いただきました。

中国風の香辛料、花椒 (ホアジャオ)を使っていますが、香辛料を良質の油でていねいに炒めると、おいしいだしになるんだそうです。
大根は、VCが豊富で免疫力を高めてくれますが、時間と共に失われますので、この 「 豆腐と厚揚げと大根の四川風スープ」 のように手早い料理だと、効率よく摂取できそうですね。
^−^

ハート 材料:2人前
● 大根 400g ( スライサーなどで、薄切りにする)
● 豆腐  150g (食べやすい大きさに切る)
● 厚揚げ  150g (熱湯をかけて油抜きをする・面倒なら省略してもOK/食べやすい大きさに切る)
● 長ネギ  15センチ位 (薄切りにする)
● しょうが  1片(千切りにする)
● 花椒   20粒
● 豆板醤/トウバンジャン  小さじ1 (辛さはお好みで調整してください)
● 塩   2つまみ
● サラダ油  大さじ1
● 水  400cc

ハート 作り方
● 鍋にサラダ油と花椒を入れ、中火で炒めて、香りが出てきたらネギを入れて更に香りを出す。
● 豆板醤を加えてよく炒めたら、水を入れ、豆腐類と大根を入れ、煮立った後、6〜7分位煮る。
● 塩で味付けをしたら、出来上がり 
((o(^∇^)o))♪

残っていたほうれん草と、それと胡麻をトッピングしてみました
豆腐と厚揚げと大根の四川風スープの簡単料理レシピ画像.jpg

揺れるハート 「ダイエットワンポイントアドヴァイス」
このレシピに使っているような花椒は、しょうがと同じように体を温めてくれて、血行をよくしてくれるのでダイエッター向きですね。
豆板醤も唐辛子を含むので、エネルギーの代謝を促進してくれます。
 (*^-^)



人気ブログランキングへ

塩豆腐の簡単料理レシピとダイエットワンポイント指南

塩豆腐なるものが、今、評判になっているそうですね。
新聞にレシピが載っていたので、作ってみました。

クリームチーズの替わりに使って、お菓子を作る人もあるそうです。
きゅうりと、鰹節と、白胡麻あぶらと、だし醤油を少々かけてみました。
簡単だし、ヘルシーだし、おいしかったです。
塩豆腐の簡単料理レシピ画像.jpg

ハート 作り方は、チョー簡単
お豆腐一丁に、塩2g (小さじ1杯くらい) を塗りつけて、キッチンペーパーに包んで、1日冷蔵庫に入れておくだけです。
キッチンペーパーは、半日たったら取り替えます。

新聞では、絹ごし豆腐で作るように書いてありましたが、私は扱いが簡単な木綿豆腐で作りました。
それと、お豆腐もお塩もいいのを使うと、断然味が違います。

特にお塩は、食卓塩ではなく、天然のお塩を使うことをお薦めしたいです。

揺れるハート 「ダイエットワンポイントアドヴァイス」
ネットで読んだんですが、睡眠が不足すると、食欲を増進させるグレリンというものが、多めに分泌されて、レプチンという、食欲を抑える物質の分泌が抑えられるんだそうです。

-快眠は美への近道-とか・・
(_ _)zzZZ



人気ブログランキングへ

豆腐とモロヘイヤの冷たいスープの簡単料理レシピとダイエットワンポイントアドヴァイス

豆腐とモロヘイヤの冷たいスープの簡単レシピを、お盆に遊びに来た姪が教えてくれました。
薬膳スープみたいで、とっても健康的な上、ローカロリーです。
材料の分量は適当です、ごめんなさい。
m(_ _)m
主婦の感で作ってください。
豆腐とモロヘイヤの冷たいスープの簡単料理レシピ画像.jpg

ハート 作り方
● 水に、煮干し、出し昆布を一晩漬けて置きます。

冷蔵庫に入れておくと、冷たいスープになります。
● そのだしが出た水に、お味噌を溶かして、茹でたモロヘイヤと、適当な大きさに切った豆腐を入れればもう出来上がりです。
上に、さっと湯がいたみつばを散らしました。


揺れるハート 「ダイエットワンポイントアドヴァイス」
管理栄養士・西山和子さんのお話です。
「標準体重は、身長(m)×身長(m)×22によって求められます。
例えば身長が160cmの人なら、1,6(m)×1,6(m)×22=56.32kgになります。
身長160 cmでほどほどに動く人の場合は、56.3×30=1689キロカロリーが1日に必要な適性カロリーになります。
その適正カロリーに合わせて食事をすると、標準体重にだんだん近づいていくことになります。
日本人にあったエネルギー比率を元に計算すると、ごはんやめん、パンなどの炭水化物は1日250〜300g、肉・魚・大豆などのたんぱく質は60〜70g、脂質は50gぐらいをとるのが理想です。
1回の食事で、主食+主菜+副菜2品をとると、だいたいこの比率になります」
身長160cmで体重56kって、ちょっとぽっちゃりですよね、私の身長が160cmなので・・・




人気ブログランキングへ
Ads by Google