蒟蒻の砂糖もみ、やってみました「ガッテン」より&ダイエットワンポイントアドヴァイス
Ads by Google
我が家の簡単料理レシピ&時々ダイエットアドヴァイス!TOP ≫  こんにゃくの簡単料理レシピ ≫  蒟蒻の砂糖もみ、やってみました「ガッテン」より&ダイエットワンポイントアドヴァイス

蒟蒻の砂糖もみ、やってみました「ガッテン」より&ダイエットワンポイントアドヴァイス

蒟蒻を砂糖でまぶしてモミモミすると、味の浸み込みが格段に良くなるし、新感覚の蒟蒻になる、と「ガッテン」で言っていたので、例によって早速実験(*^-^)デス!!

蒟蒻を流水で良く洗い、水を切り、それをビニール袋に入れて、蒟蒻100gに対して5gのお砂糖を容れ、3分ほどモミモミします。

DSC_0020.JPG

そしてそれを、又流水でよく洗い、水分を切ったらもう出来上がりですが、流水で洗ってもお砂糖の甘みは少し残るようです。

今回は、糸コンを使用しておそうめんのように食べるつもりだったんで、それを市販のおそうめんのつゆにつけていただきました。

糸3.JPG

蒟蒻臭さが無くなった上、シコシコ感が倍増して、ナタデココの倍くらいのシコシコ感になった感じです。
つけ麺感覚でなく、一晩つゆに漬けておくだけでも味が浸み込んでおいしいですよ。

おろししょうがを添えていただくと、更においしいです。

板コンを使う場合は、よく洗ってから食べやすい大きさに切って、モミモミし、流水でよく洗います。
そしてそれを出し醤油の中に一晩漬けておくと味が浸みておいしくいただけます。

番組では、この板コンのをコーヒーに一日漬けて、シロップと生クリームをかけてコーヒーゼリー風にしていました。
「衝撃的においしい
」とゲストの方が言っていましたが、(あくまでも個人的な好みですが)「衝撃的」でもないような気がしました。
でも、一応おいしいですよ。
興味のある方は試してみて下さい。

蒟蒻を煮物やおでんに使う場合は、お砂糖でモミモミしてから煮込むと味がよく浸み込むそうです。

この方法、真夏は火を使わなくていいのが嬉しいですね
(*^O^)ノ

『ダイエットワンポイントアドヴァイス』
「蒟蒻を食べると腸の善玉菌が増える」と、番組で言っていましたが、ホント、そんな感じでした。
食べた翌日、三日分くらいどっさりお出ましになって、びっくりでした
(°O°)
ゼロカロリーだし、結構おいしいしで、ダイエットに最適かもです。

但し、『腸に問題がある人は食べる前に医師に相談してください』とのことです。
ご注意下さい
(o^-')b


Ads by Google