乾燥しょうがの作り方、生しょうがは体を冷やす
Ads by Google
我が家の簡単料理レシピ&時々ダイエットアドヴァイス!TOP ≫  料理の裏ワザ ≫  乾燥しょうがの作り方、生しょうがは体を冷やす

乾燥しょうがの作り方、生しょうがは体を冷やす

乾燥しょうがをお勧めしていますし、乾燥しょうがは簡単に作れます。
なぜお勧めしているかっていうと・・・


しょうがが大ブームです。
しょうが紅茶、しょうがケーキ、しゅうが納豆、しょうがご飯、しょうがトーストと、なんでもしょうがを入れちゃうのが 「 ショウガラー 」 なんだそうです。
体が温まるし、ダイエットにもいいとかで・・・

でも、ちょっと待って!!
\(^◇^)/
生のしょうがはかえって体を冷やすんだそうですよ。
指先なんかの末端は暖まるものの、深部体温は下がってしまうんです。

なぜか?
生のしょうがにはジンゲロールという辛み成分が含まれていて、血液の中を流れていて、手先や足先の末しょうで血管を広げる手助けをしてくれています。
それによって、血流がよ良くなり手先や足先がポカポカしてきます。

でも、この作用は深部にある熱を末しょうに送り出すことでもあるので、深部体温はやや下がってしまうんです。

ではどうするといいかというと、しょうがを乾燥させるといいんです。
しょうがを乾燥させると、ジンゲロールの一部がショウガオールという別の成分に変化します。
ショウガオールは胃腸の壁を直接刺激して、血流を高め、深部の熱を作り出す働きがあります。
乾燥しょうがを食べると、ジンゲロールとショウガオールの両方の働きで、全身を温めることができるんです。

漢方薬では、冷え性の改善のために、昔から乾燥しょうがを使っているんです。
ダイエットと冷え症改善には、しょうがは乾燥させてから使いましょう。
 (o^-')b

ハート 乾燥しょうがの作り方
しょうがを皮がついたままでいいので、厚さ1〜2mmにスライスして、ざるなどの風通しのよいものに一枚づつ並べます。

野菜や果物はなんでも、皮の近くにいちばん栄養とうまみがあります。

しょうがの乾燥方法 @ 室内放置で1週間程度
しょうがの乾燥方法 A 快晴の日に屋外に出して、天日干しで1日おいたら出来上がりです。


乾燥しょうがの作り方画像

乾燥しょうがと黒酢でドリンクを作ってみました。
材料
● 乾燥しょうが 25g
● 三温糖又はグラニュー糖 30g
● 氷砂糖 20g
● 黒酢 600ml

作り方は
材料を全部混ぜて、10日ほど置いたら出来上がりです。
炭酸や水で割って冷たくしても、体は冷えないし、おいしいです。




Ads by Google
トラックバック