ゼラチンレシピとゼラチン活用法-ためしてガッテン
Ads by Google
我が家の簡単料理レシピ&時々ダイエットアドヴァイス!TOP ≫  ゼラチンレシピ ≫  ゼラチンレシピとゼラチン活用法-ためしてガッテン

ゼラチンレシピとゼラチン活用法-ためしてガッテン

ゼラチンの活用法を 「 ためしてガッテン 」 でしました。
いつもながらこの 「 ためしてガッテン 」 の探究心には脱帽です。

ゼラチンは今話題の、中高年の必需品、コラーゲンなんだそうですね。
まだ動物実験の段階で、人には効果が立証されていませんが、毎日ゼラチンを食べることによって関節炎が治ったとかいう例もあるようです。

ヨーカドーで 「 いわしのつみれ汁 」 を買ったら、おつゆが冷たいうちはぷりぷりしていたのは、あれはゼラチンだったんですね。
知りませんでした、私としたことが・・・・
 (>_<")

番組でラーメンに小さじ1杯のゼラチンを加えたら、
「 コクが出た 」

「 味がまろやかになった 」
「 深みが出た 」
「 甘みが増えた 」
なんていう感想が出てきていました。

でも、いいからと言ってゼラチンをむやみに加えるとかえってまずくなるので、ゼラチンを加える目安ですが、1パーセントなんだそうです。
200mlの水分に対して、小さじ1杯くらいです。

また、ゼラチンの種類は
牛からとったゼラチン

豚からとったゼラチンがあるのでそれぞれ料理には向き不向きがあります。

牛のゼラチンが向く料理はさっぱりしたものに、
豚のゼラチンはこってりした味のものに向くんだそうです。
例えば、コーヒーゼリーは牛のゼラチンで作ったほうが断然おいしいです。

ゼラチンを使うと、おかずを冷凍したときにも効果を発揮してくれるようです。
とくに 「 筑前煮 」 や 「 きんぴらごぼう 」 のような水分が少ない煮物を冷凍するときに効果大です。

ゼラチンは、目安として煮汁の1パーセント入れます。

ゼラチンレシピとゼラチン活用法-ためしてガッテン画像


なぜ効果があるかというと、ゼラチンの膜が食品の水分を閉じ込めてくれて、冷凍中や解凍したとき水分が逃げないし、また、冷凍庫の臭いもある程度遮断してくれるんだそうです。
番組では、冷凍してから3週間たったものを見せていましたが、見た目もつややかでおいしそうでした。
 (*^-^*)

ゼラチンを使った冷めてもおいしいパスタの作り方

ゼラチンを使った冷めてもおいしいチャーハンの作り方

ゼラチンを使った簡単なジュレの作り方

ゼラチンを使ったオレンジのしゃわしゅわゼリーの作り方


Ads by Google
トラックバック