ふわふわ卵焼き(冷めてもおいしいお弁当用)の作り方-ためしてガッテン
Ads by Google
我が家の簡単料理レシピ&時々ダイエットアドヴァイス!TOP ≫  卵の簡単料理レシピ ≫  ふわふわ卵焼き(冷めてもおいしいお弁当用)の作り方-ためしてガッテン

ふわふわ卵焼き(冷めてもおいしいお弁当用)の作り方-ためしてガッテン

冷めてもふわふわの卵焼きの作り方をTVでしていたので、例によってさっそく挑戦してみました。

お弁当の卵焼きがふわふわでおいしかったです(*≧з≦) ♪
ふわふわ卵焼き(冷めてもおいしいお弁当用)の作り方-ためしてガッテン画像

ハート 冷めてもおいしい卵焼きの材料
● 卵 大3個
● 水 50ml
● ケチャップ 小さじ1/2
● しょうゆ 小さじ2
● 砂糖 小さじ1


ハート お弁当用、ふわふわ卵焼きの作り方
● 水と調味料類を合わせてよくかき混ぜます。
● 箸を隙間があく様にまっすぐ立て、ボウルの底に白身をこすりつけてちぎるように前後に動かして、卵を攪拌します。
● 卵を攪拌する時、1秒間に2往復の速さで10往復箸を動かして混ぜたら、ボウルを90度回転させ、再び10往復動かします。
● 卵と水調味料類を一緒にして、再びボウルの向きを変えながら、はしで10往復ずつ混ぜます。

混ぜすぎず白身を固まりで残すのが、気泡をたくさん作っておいしくするポイントです。

● 卵焼きを作るためのフライパンを、強火で1分ほど予熱します。(鍋の厚みで時間は異なります)

箸の先につけた卵がすぐ固まればOK。

● ここで、鍋の横幅から火がはみ出ない程度に、少しだけ火を落とします。
● ペーパータオルにしみこませた油をフライパンに十分に引き、1回目はおたま1杯分の卵を流し込みます。
● 大きな気泡だけつぶしながら表面がドロドロになるまで待ち、表面がドロドロになってきたら、卵を奥から手前に三つ折りにします。
● 卵を奥に寄せ、開いた部分に油を引きます。
● 2回目はおたま2杯分の卵を流し込み、卵焼きの下にも流し入れます。
● 15秒ほど置いて、まだ固まっていないフライパンの中の卵を、再び卵焼きの下に流し入れます。
● 卵の表面がドロドロになってきたら、卵を奥から手前に半分にたたみます。
● 開いた部分に油を十分に引き、3回目は残った卵を全て流し込み、卵焼きの下にも卵を流し入れます。
● 15秒ほどおいて、フライパンの中のまだ固まっていない卵を、再び卵焼きの下に流し入れます。
● 表面がドロドロになってきたら、卵を奥から手前に半分にたたみます。

● ヘラなどで軽く上と横から押さえて形を整えて、できあがりです。



Ads by Google
トラックバック