さんしょうは万能調味料-ためしてガッテン
Ads by Google
我が家の簡単料理レシピ&時々ダイエットアドヴァイス!TOP ≫  料理の裏ワザ ≫  さんしょうは万能調味料-ためしてガッテン

さんしょうは万能調味料-ためしてガッテン

さんしょうは万能調味料だという特集を 「 ためしてガッテン 」 でしましたね。

例によってさっそくためしてみました。

ほんと!!びっくりです
w(°o°)w
今まで鰻を食べる時以外は出番がなかったさんしょうが、一気に出番が増えそうです。

今、さんしょうは、日本では鰻と一緒でないとあんまり出番がないみたいですが、なんと
ヨーロッパのセレブの間で大人気だとか。
有名なレストランのシェフやパティシエが好んで使っているし、モナコのアルベール大公も大のさんしょう好きなんだそうです。

なぜさんしょうは食べ物をおいしく感じさせるかというと、さんしょうに含まれる刺激物質が舌の触覚神経を興奮させ、まるで、舌に電気を流し続けているような状態を起こしているというのです。

舌の触覚神経は、味を判断する大脳皮質につながっているため、さんしょうによって舌がしびれている間は味覚がふだんより鋭敏になり、甘味・うま味・塩味などの味覚を濃く感じるのだそうです。

「 ためしてガッテン 」 曰く

この舌をびりびりとしびれさせるさんしょうの刺激には、他の香辛料にはない、驚きの作用があるのです。
色々な食べ物にさんしょうをかけてみると、塩をかけていない焼き魚やステーキが、たちまち塩味の効いたおいしい味に大変身!

料理の味つけをあらかじめ薄味にしておいて、さんしょうをかければ、かんたんに減塩ヘルシー効果が得られるのです。

さらに、牛乳に入れれば牧場のミルクの味に早変わり。
チーズやウエハースにかければ高級感あふれるデザートが完成。
他にも、みそ汁、パスタ、ゆで卵、トースト、ポテトチップ、アイスクリーム・・・相性ぴったりの食べ物が次々と見つかりました!

んだそうです。

さっそくカルボナーラで実験しました。
おいしさ倍増です
さんしょうは万能調味料-ためしてガッテン画像

ハート さんしょうの保存方法
さんしょうは香りが命ですよね。
常温で出しておくと、一日で香りが激減するんだそうです。
ビンに入っていたりして、そのままで良いような気がしますが、それを更にチャック袋などの密封容器に入れて、冷凍庫で保存するといいそうです。

又、粒のさんしょうを買ってきて、その都度ミルで挽いて使うのもお勧めですが、そのさんしょうの入ったミルも密封容器にいれて、冷凍庫で保存する方がいいようです。


ハート さんしょうを使った簡単料理レシピ
@ さんしょう万能ダレ
材料
● にんにく 1片( みじん切りにします )
● 水 200ml
● しょうゆ 大さじ3
● 砂糖 小さじ1/2
● 酒 小さじ1
● さんしょうの粉 小さじ1/2

《 さんしょう万能ダレの作り方 》
● 鍋にサラダ油とにんにくを入れ、中火で香りが出るまで加熱します。
● それに水、しょうゆ、砂糖、酒を加え、火を強くして完全に溶かします。
● 更にさんしょう粉を加え、液体になじませたら完成です。

トマトサラダにかけてみました 
さんしょうは万能調味料-ためしてガッテン画像2

A さんしょうの和え麺
 材料
● 中華麺 1玉
● オイスターソース 大さじ1
● 砂糖 ひとつまみ
● サラダ油 小さじ1
● さんしょうの粉 小さじ1/4

《 さんしょうの和え麺の作り方 》
● 食べる時使う器に、さんしょうの粉を入れておきます。
● 麺をゆでて、お湯を切ります。
● オイスターソース、砂糖、油を混ぜてタレを作っておきます。
● 器にゆでた中華麺を入れ、少しさんしょうを蒸らしてからタレを混ぜ合わせたら出来上がりです。


さんしょうは万能調味料-ためしてガッテン画像3

B さんしょう油
さんしょう油も大活躍してくれます。
おみそ汁に入れたり、ラー油の代わりに使ったりできます。

材料
● サラダ油 100ml
●さんしょうの実 10g

《 さんしょう油の作り方 》
●鍋にサラダ油とさんしょうの実を入れて、中火でかき混ぜながら加熱します。
●香ばしい香りがしてきたら、網などでさんしょうの実を取り出します。
●冷ましてから冷暗所に保存します。(3ヶ月ほど保存できます。)


冷麺にたらしたら味が引き立ちました (*^-^)
さんしょうは万能調味料-ためしてガッテン画像


Ads by Google
トラックバック