ゆで卵をきれいにむくには-百均のゆで卵剥き器
Ads by Google
我が家の簡単料理レシピ&時々ダイエットアドヴァイス!TOP ≫  料理の裏ワザ ≫  ゆで卵をきれいにむくには-百均のゆで卵剥き器

ゆで卵をきれいにむくには-百均のゆで卵剥き器

ゆで卵をきれいに簡単にむく方法があるんです。
ゆでたまごをきれいにむいてなにかに飾ろうと思っても、なかなかツルっとむけなくて、白身がクチャクチャになっちゃうなんてことありませんか?
例によって、料理友に裏技を教えてもらいました (o^-')b

その方法は二つあります。

《 ゆで卵を簡単にきれいにむく方法その@ 》
それは、鮮度を落とすことです。
プロのシェフは、卵を1〜2週間ほどおいてからゆでるんだそうです。
卵の賞味期限は生で食べる時のものなので、調理に使う分には2週間おいても大丈夫なんです。

しかも2週間おいたほうがおいしくなるんです。
それはなぜかというと、産まれたての卵の白身にはCO2がたくさん含まれていて、CO2を含んだままゆでて固まった白身は、穴だらけになり、もろくてボソボソした食感になってしまいます。
さらに、CO2は酸性なので、白身のたんぱく質を変化させるため、食感をよりボソボソにしてしまうのです。

卵の殻には、卵が呼吸をするために、気孔と呼ばれる小さな穴があいていますが、時間が経つと、この穴からCO2が抜けるため、古い卵は殻がむけやすく、白身がプリプリとおいしくなるのです。
白身にCO2が多く溶けている場合、加熱するとCO2が膨張し、白身が押し付けられ、薄皮に張り付いてしまうため、殻をむきにくくしているのです。


2週間おいた卵は、必ず加熱して食べてください。

ゆで卵の殻をきれいにむく方法そのA 》
もうひとつの方法は2週間も待てないという場合に、ゆでる前に殻にほんの少しだけヒビをいれておくんです。

卵を横からよく見るととがった方と、丸っこい方とありますよね。
その丸っこい方の内部には、気室と呼ばれる空気の部屋があり、ここに例のCO2があるんです。
この部分だけ、薄皮と殻の間があいているので、気室にヒビを入れれば、卵を覆う薄皮にはキズがつかないで、ゆでている間にCO2が出ていってくれるのです。


ヒビを入れ過ぎると、ゆでているとき白身が飛び出してくるので要注意です。

百均に、卵に穴を開ける便利グッズを売っているので、それを使ってみたら、ホント、きれいにツルッとむけました。
但し、ヒビを入れた卵はすぐ使ってくださいね。


この便利グッズ、使ってみましたが、超新鮮な卵はこれを使ってもむきにくいのもたまにはあるようです。
穴を2個ずつあけてみましたが、結果は同じでした。
一番いいのは、卵を買うときに少し日にちがたった割引の卵を買って、この便利グッズで穴をあけてゆでる方法でした。
この上に卵の丸いほうを乗っけて
グっと押し付けると
下から針が出てきて卵に穴が開きます

ゆで卵むきき.jpg

卵.jpg

つるりときれいにゆで卵がむけました
ゆで卵をきれいにむくには画像.jpg

それを更に燻製にしてラーメンにトッピング (^○^)
ゆで卵をきれいにむくには画像2.jpg

燻製用ダンボールで燻製ライフ

百均のゆで卵剥き器を活用して、ゆで卵をきれいに剥いて、お料理を美しく飾って下さいね (´▽`*) 


Ads by Google
トラックバック