うどんをおいしくする方法-ためしてガッテン&ダイエットワンポイントアドヴァイス
Ads by Google
我が家の簡単料理レシピ&時々ダイエットアドヴァイス!TOP ≫  料理の裏ワザ ≫  うどんをおいしくする方法-ためしてガッテン&ダイエットワンポイントアドヴァイス

うどんをおいしくする方法-ためしてガッテン&ダイエットワンポイントアドヴァイス

うどんをおいしくする方法を、ためしてガッテンで放送しましたね。
で、
例によって、さっそくトライ 
(o^-')b

うどんといっても、乾麺なんですが、「 釜たまうどん 」 っていうメニューが抜群においしいです。
釜揚げうどんに、卵をからめて食べるんですが、おいしくする方法があるんです。

用意する物は、乾麺、沸騰したお湯、生卵 ( 常温にしておきます )、醤油、ザル、好みで薬味のねぎです。
注意することは、温度を下げると、うどんのふっくら感がなくなりますので、とにかくうどんの温度を下げないことです。


ハート 作り方
● うどんの麺をゆではじめます。


この前後に、「 食べる準備 」 も整えておきます。
● うどんを入れるどんぶりをあらかじめお湯で温めた後、生卵を割り入れ、溶いておきます。
● 麺がゆであがる直前、鍋の中にザルなどを入れ、麺をお湯の表面から出さないようにしながらザルに麺を移します。
● ゆであがったら、ザルに入った麺をお湯から一気に引き上げて、手早くお湯を切り、先に用意した丼の中へ入れます。
● なるべく早くかき混ぜて、麺と卵をからませます。

白身が麺の周りで固まり、まとわりついてきたら成功。

● 醤油をお好みの量入れ、できるだけ早く食べます。

ふんわり、あつあつの 「 釜たま 」 を味わえます。
熱いので、やけどに注意してくださいね。(≧□≦*)ノ

卵が分かりずらいけど、釜タマうどんのできあがり
うどんをおいしくする方法-ためしてガッテン、うどん画像

ハート もうひとつの乾麺をおいしくする方法
但しこの方法は、たっぷり時間に余裕のあるかた向きです。

《 その方法 》
乾麺は平ペッタイので、水でぬらして貼り合わせます。
ゆで時間も2倍にすると、生麺をゆでたのとほとんど変わらないコシが実現します。
さらに、3枚貼り合わせたものを圧力鍋で30分加熱すると、「 伊勢うどん 」 に近いやわらかい食感も実現します。


うどんのこしって、ゆで時間だけでなく、ゆでてからあとのゆで置き時間も影響するので、長い時間放置すると、どんどんこしがなくなるのだそうです。
そのため、外でシコシコうどんを食べたい方は、店が混んでいる時間に行ったほうが、こしの強いうどんを食べる事ができるんだそうです。

内ごはんでうどんを買うときは、こしがないやわらかいのが好みの方は冷蔵のうどんを、こしがあるうどんが好きな方は、ゆでてすぐ凍らせてある冷凍うどんを利用するといいです。

揺れるハート 「ダイエットワンポイントアドヴァイス」
麺類をおつゆと一緒にツルツルと胃の中に流しいれるのは、ダイエッターには厳禁です。
一気に血糖値が上がらないように、麺を食べる前に繊維のある野菜を食べてください、但し、よくよく噛んで。

そして、蛋白質を食べてから、麺類やご飯などの炭水化物を食べます。
麺といえども、流し込まないでよ〜く噛んで食べることが大事です。
「 麺をよく噛んで食べるなんて、まずそう 」 なんて思うのも禁物です。
よく噛めば、少ない量で満腹感が得られるように、脳みその構造がそうなっているんだそうです。

ダイエットには、多少の我慢も必要かも・・ 
(●´ω`)b


Ads by Google
トラックバック