だし昆布の作り方とだしの取り方-ためしてガッテン&ダイエットワンポイントアドヴァイス
Ads by Google
我が家の簡単料理レシピ&時々ダイエットアドヴァイス!TOP ≫  料理の裏ワザ ≫  だし昆布の作り方とだしの取り方-ためしてガッテン&ダイエットワンポイントアドヴァイス

だし昆布の作り方とだしの取り方-ためしてガッテン&ダイエットワンポイントアドヴァイス

だし昆布の作り方とだしの取り方を 「 ためしてガッテン 」 ( H23,10/12 ) で、放送しましたが、ご覧になりましたか ?「 幻の昆布 」 と言われる、高級料亭で使っているおいしい出し昆布があるそうですが、その昆布といい勝負くらいおいしい出し昆布が、簡単に作れちゃいます。
そのだしで、お吸い物のような、スープのようなものを作ってみましたが、抜群においしかったです。

^−^

だし昆布の作り方とだしの取り方-ためしてガッテン、お吸い物画像

ハート だし昆布の作り方
☆ 材料
● 日本酒 適量
● 昆布 10g

日高・三石・長昆布などは厚さが薄く焦げやすいため、利尻・羅臼・真昆布のいずれかを使用。

☆ 作り方
● オーブンを110℃で予熱する。
● 昆布をハサミで2〜3p角に切る。( 焼きムラを防ぐため )
● 切った昆布に日本酒をつける。
● 日本酒をつけた昆布を、オーブン天板に重ならないよう並べる。
● 予熱が終わったオーブンで110℃、1時間加熱する。


昆布の厚さやオーブンの火力によって加熱具合が微妙に変わるので、焦げてしまった場合・熟成が足りなかった場合は、加熱時間を調節してください。
まとめて作り冷蔵庫に入れておけば、2か月間は密閉保存が可能です。

ハート だしの取り方
☆ 材料
●昆布 10g
●水 500ml

30分以上加熱するため、出来上がるダシは350〜400mlとなります。

☆ だしの取り方
● だし昆布を入れ、とろ火で30分以上加熱する。
● 昆布を取り出し、ダシ汁を料理に使用する。



加熱温度の目安は60度前後( 昆布に小さな泡が付くくらい )
加熱時間は好みですが、30分以上煮出すとよく味が出ます。
もし時間がある場合、前日から水にだし昆布を入れておき、その後加熱するとさらにおいしいです。
だしを取ったあとの昆布は、お味噌に漬けておいて、ご飯と一緒に食べるとおいしいですし、漬けるのに使ったお味噌もおいしいです。

又、出し昆布は賞味期限が過ぎても大丈夫で、どんどん熟成していくんだそうで、「 ためしてガッテン 」 では、23年ものという貴重な昆布を紹介していました。
ただし、かびがはえないように注意が必要です。

この昆布の作り方、ぜひ、お試し下さい。
(*TーT)b

揺れるハート 「 ダイエットワンポイントアドヴァイス 」
脳とダイエットには深い関係があるんです。
そこにはストレスが深く関わっています。
過度な筋トレや食事制限をすると、脳が刺激を受けてコルチゾール、別名ストレスホルモンというホルモンが分泌されます。
だからダイエットを始めてから、食欲がどんどん増すなんて、トンデモナイことが起こったりするんです。

ではどうすればいいかというと、セロトニンとドーパミンという脳内ホルモンを分泌させればいいんです。
そのために一番簡単な方法が、きちんと食べることです。

「 今すぐやせなきゃ 」 と思ってダイエットをすることを短期的抑制といって、最も脳にストレスがかかるらしいので、注意が必要です。




Ads by Google
トラックバック